読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

explicit labeling and SELECT ... INTO statement

OSS/Linux

The latest vesion of SE-PostgreSQL fixes the following bug, we recommend you to update any legacy package.

DESCRIPTION:
We can associate an explicit label with newly inserted tuples using SELECT ... INTO statement, like as:

SELECT security_context,* INTO t2 FROM t1
However, it makes unexpected behavior when two or more columns are named as "security_context", or it is not typed as security_label.

You can obtain the latest packages from:
http://code.google.com/p/sepgsql/downloads/list
(for Fedora 7 users)
http://koji.fedoraproject.org/koji/packageinfo?packageID=4967
(for Fedora 8 or rawhide users)

SE-PostgreSQLの最新バージョンは以下のバグを修正します。開発者は、古いバージョンを最新のものへアップデートすることを推奨します。

バグの内容:
以下のような SELECT ... INTO 構文を用いることで、新しく挿入されるタプルに明示的なラベリングを行うことができます。

SELECT security_context,* INTO t2 FROM t1
しかし、2個以上のカラムが"security_context"という名前を持っている場合、又はそのカラムがsecurity_label型以外の型である場合には、これらは予期しない動作をします。

以下のURLから最新のパッケージを入手することができます。
http://code.google.com/p/sepgsql/downloads/list
(Fedora 7 ユーザ向け)
http://koji.fedoraproject.org/koji/packageinfo?packageID=4967
(Fedora 8又はrawhideユーザ向け)