読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都選手権2008 対EDGE

カーリング

昨日からカーリングの東京都選手権大会が始まった。
事前の抽選の結果、我々チームみくたまは予選Bブロックで4ゲームを戦うこととなっており、今日はその初戦であるチームEDGE(エッジ)との試合になる。

Bブロックを再度振り返ってみると、以下の6チームが入っている。

  • 樋熊打線 … 昨年度チャンピオン、1位抜け大本命
  • EDGE … 昨年ボコられたOSCARのメンバーが主体
  • みくたま … 我々のチーム、ほぼカーリング暦2年目
  • V−2 … 新顔、藤上さんのチーム
  • かなタイム … 新顔、脇田さんのチーム
  • BAMBINA … 昨年はCリーグ1勝3敗、我々との直接対戦はナシ。
  • 因果なもので、初戦はEDGEとのゲーム。昨年の初戦OSCARのメンバーが主体のチームで、昨年は5-11で手も足もでないまま負けている。
    で、今回の結果はというと…。
    2008/01/06 於・カーリングホールみよた
    EDGE|03021014X|11
    みくたま|10100100X| 3
    (8エンド途中ギブアップ)
    スコアだけ見れば、昨年のOSCAR戦よりもひどい結果だが、自分の印象としては、あと少しのレベルアップで互角に戦えるようになるなという感じ。

    試合の流れを決定付けたポイントをいくつか挙げると
    3END:
    EDGE側ドローショットがゴミを噛んでワイドに流れ、それがEDGE側ストーンに当たり、さらにそれがガードされていたハウス内のみくたまNo.2ストーンを叩き出した。不運。
    加えて、ラストショットでドローをスルー、同点にするチャンスを逃した。
    5END:
    ハウス前に10個以上のストーンが並ぶ乱雑な展開。EDGEスキップの第2投はハウスに1cm程度引っかかる程度で、これを弾き出せばブランクにできたのだが、テイクアウトできず、1点のスチールを許した。

    結局、この3つのプレーで3点をロストしていることになる。
    8END突入時点でのスコアは3-7だったので、あと少しのレベルアップで…というのはそんなに間違っていないと思う。

    ただ、このEDGEというチーム、恐ろしいほどドローが巧みなチームである。スーパーリーグの結果を見ても、スチールしているエンドが非常に多く、ドロー戦に持ち込まれたら相当苦戦を強いられるように思う。これから対戦するチームは、その辺は頭の片隅に置いておいた方が良いかもしれません。

    これは6ENDのラストショット。ガードされている赤No.1に軽くキスして、自分が中心に転がり込んでいる。できれば赤をもう少し強く押し出して、2点ゲットといきたかったが…。
    たぶん、本日の俺ベストショット: