読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XATTR/JFFS2 Linusのツリーにマージ

OSS/Linux

version.6 ベースの XATTR/JFFS2パッチがLinusのツリーにマージされた。

↓なあたりの修正箇所が結構大きい。

fs/jffs2/acl.c
fs/jffs2/acl.h
fs/jffs2/security.c
fs/jffs2/summary.c
fs/jffs2/xattr.c
fs/jffs2/xattr.h
fs/jffs2/xattr_trusted.c
fs/jffs2/xattr_user.c



組み込みLinux向けに使われることの多い JFFS2 だが、これでひとまずSELinuxを使用するための基盤が整ったことになる。

加えて、せっかくXATTRを作ったのだからとPOSIX-ACLの実装も加えてしまった。これはExt2の実装を見て作っただけのものだが、これはこれで結構便利に使えるだろう。



あとは、NSASELinux-MLに以下のようなパッチを投げて「このパッチを作成するのに一年かかった」とかジョークを飛ばすだけだな。

--- a/policy/modules/kernel/filesystem.te      2006-04-01 01:11:34
+++ b/policy/modules/kernel/filesystem.te      2006-05-31 06:23:36
@@ -25,6 +26,7 @@
 fs_use_xattr gfs gen_context(system_u:object_r:fs_t,s0);
 fs_use_xattr jfs gen_context(system_u:object_r:fs_t,s0);
 fs_use_xattr xfs gen_context(system_u:object_r:fs_t,s0);
+fs_use_xattr jffs2 gen_context(system_u:object_r:fs_t,s0);

 # Use the allocating task SID to label inodes in the following filesystem
 # types, and label the filesystem itself with the specified context.